おすすめ記事
"中国は風邪をひく"-「アングロサクソン・ミッション」とはなんだ?

はいどーも!さとるです。

今回は、ここ数日オカルト界隈を騒がせている

「アングロサクソン・ミッション」

でございます。

ずいぶん前にそんなオカルトネタあったなぁ・・・なんて思ったので、今回改めて調べてみた次第です。

さとる
昨日の晩ごはんでさえ忘れるのに、昔のオカルトネタなんて憶えていません
いぬ
さすが「脳みそゆるゆるおじさん」だワン
スポンサーリンク

白人の、白人による、白人のための計画

▲白人ってカッコいいなぁと思ってしまうのはアジア人の性でしょうか

「アングロサクソン」とは、5世紀頃にイングランドに侵入してきたゲルマン系(現在のドイツ)のアングル人、ジュート人、サクソン人の3部族を総称したもの。

彼らはイングランドを支配し、今日のイングランド人のルーツとなりました。

さとる
つまり白色人種のことです

「アングロサクソン・ミッション」の発端

このネタの発端を知るには、2010年まで時間を戻す必要があります。

「イルミナティ」に関わる人物より情報提供を受けたビル・ライアン氏は、自身が運営する「プロジェクト・アヴァロン」というサイトでその情報をリークしました。

この人物はイギリス人で、彼は2005年にロンドンにて上級メイソンの会合に出席し、そこで「アングロサクソン・ミッション」と呼ばれる恐ろしい計画について聞かされたというのです。

ビル・ライアン氏本人による解説動画もあります↓

▲ビル・ライアン氏の動画。
日本語字幕付きという親切設計

1時間近くある動画なので、おヒマな時にでもどうぞ。

さとる
当時、途中までは見た記憶があるぞ!

「アングロサクソン・ミッション」の目的とは?

プロビデンスの目
▲この話にもイルミナティさんが出てきます。
さすがはキング・オブ・陰謀論。

簡潔に言えば、

人口削減計画

です。

提供された情報を要約すると、

  • 「第三次世界大戦」が計画されている
  • それはイスラエルによるイランへの核攻撃から始まる
  • その後停戦となるが、停戦中にこっそりと生物兵器がばらまかれる
  • ターゲットは中国である
  • その影響は西側諸国へも広がり、社会インフラを弱らせる
  • 全面核戦争が起きる可能性もある


「イルミナティ」は綿密に練られたこの計画を実行することで、

総人口の半数を死に至らしめる

ことを目標としているんだとか。怖いですね。

イルミナティはなぜこんなことをするのか??

よめ
みんなで仲良く暮らせばいいじゃん!

と、いい子ちゃんは思うかもしれません。

しかし、こんな陰謀論を引き合いに出さずとも、現在の人口が多すぎるのは明白。
世界に食料は余っていないにも関わらず、贅沢に食べ、食べきれないものは捨てる。このような状況が続けば、食料はすぐになくなってしまいます。

従って、

ムダな食い扶持は減らそう

という思考が芽生えても不思議ではありません。

さとる
いや待て。
スペースコロニー作って、増えすぎた人類を宇宙に移民させようぜ
いぬ
またガンダムネタが始まったワン

しかし、これで終わりではありません。

これらの計画はすべて"事前準備"に過ぎず、今後10年間(~2020年)に起こる(起こす?)であろう、地殻変動がもたらす崩壊後の「新しい世界(New World)」を作ること。

そして、その支配者となるのは白色人種、つまり「アングロサクソン」なのです。

さとる
黄色人種はどーすればいいんですかね

「世界崩壊後」のガイドラインは、すでに存在しているのかもしれません。

生物兵器はすでにバラまかれたか?

▲ウイルスさんのイメージ

情報提供者の内部情報によれば、「生物兵器を秘密裏にバラまく」計画は中国をターゲットとしており、イルミナティではこのことを

「中国は風邪をひく」

と表現していたのだとか。

オカルト界隈では、2019年末に中国から流行した「新型コロナウイルス(SARS-CoV2)」のことを意味してるんじゃないか?と騒がれています。

皆さんご周知の通り、イスラエル-イラン間での核戦争は今のところ起きていませんが、コロナウイルスの発生に関しては「生物兵器説」がウワサされています。

というのも、WHO(世界保健機関)が感染源としているのは武漢にある海鮮市場ですが、ここから約30kmほど離れた位置に危険度の高い病原体を扱うことが出来る、BSL-4(バイオセーフティレベル4)の研究所があるのです。

BSL-4は最高レベルを示し、「ヒトや動物に重篤な病気を起こし、容易にヒトからヒトへ感染を起こす危険性がある」というもの。
この研究所がイルミナティの手によるもので、ここで作られた生物兵器(新型コロナウイルス)が故意に流出されたのだとしたら・・・?

「コロナウイルス感染症(COVID-19)」が人為的に引き起こされたものだとしても、その致死率は約3.4%なのでコレ自体で人口半減を狙っているわけではありません。

さとる
信じるか信じないかは(自主規制

今回書いてて思ったんだけど、先日書いた記事にもリンクしそうなネタですね。

「アングロサクソン・ミッション」でバラまく生物兵器がコロナウイルスだと仮定すると、最近ネットで騒がれてる「3月20日人類滅亡説」もその後に起こる天変地異を意味してるんじゃないかと思えてきたりします。

スポンサーリンク

「アングロサクソン・ミッション」のまとめ!

今回の記事をまとめると、

  • 「プロジェクト・アヴァロン」のビル・ライアン氏の元に、イルミナティメンバーを名乗る人物よりタレコミがあった
  • 彼が言うには、「アングロサクソン・ミッション」と呼ばれる計画がある
  • その目的は「全人口を半分にすること」、そして「新世界」を支配すること
  • 武漢で発生したコロナウイルスは、陰謀論者によれば彼らの計画のものだとされる

といった感じです。

この手の陰謀論は腐るほどあるワケなんですが、どれもこれも数年~数十年単位でコトを運んでるんですが、イルミナティさんたちはそんなに気長に待ってるもんなんでしょうか。
陰謀を企てるような主要な高位メンバーともなれば、結構な高齢な気がするんですよね。
待ってる間に寿命を迎えてしまいそうなもんです。

普通の人間ならば、待ちきれずにもっと手短にパパッとやっちゃう気がするんですよね。

人間なら、ね。

いぬ
!?!?!?

今回はこの辺でおしまい!それではまたー!!

スポンサーリンク

キミのフォローを待っている!!

おすすめの記事