おすすめ記事
「見たい夢を見る方法」があるのか調べてみた!!

はいどーも!さとるです。

皆さんも眠っているときに夢を見ていると思いますが、

もし、「見たい夢を見る方法」があるとしたら?

どうですかね?
そんな方法があるなら知りたいですよね!!!???

人生の3分の1は睡眠に費やしているので、どーせなら楽しい夢を見たいっすよね!

さとる
グヘヘ!あんな夢やこんな夢が見たいぞ!!
いぬ
沢山おやつ食べてる夢が見たいです(キリッ

というわけで、「夢を見る方法」について色々調べてみましたッ!!

スポンサーリンク

あぁ!めっちゃエッッッロい夢見てみたいィィィ!!

そもそも「夢を見る」とはどんな状態なんだ?

▲可愛いですねぇ

睡眠中は、「レム睡眠」と「ノンレム睡眠」と呼ばれる2つの状態に分かれています。

眠りに入るとまず45~60分程度は深い睡眠状態である「ノンレム睡眠」となり、その後少しずつ眠りの浅い「レム睡眠」状態に切り替わるというサイクルを、90分程度の間隔で一晩の間に4~5回繰り返します。

「レム」とは”REM=Rapid Eye Movement(急速眼球運動)”のことで、文字通り「めっちゃ速く目ん玉が動いてる」状態。
このとき脳は活発に動いていて、記憶の整理や定着を行っています。
新たに見聞きした経験を過去の記憶と照らし合わせ、引っ張り出したりまとめたりする際に脳内再生されるヴィジョンが「夢」だとされています。

また、「ノンレム(Non-REM)」とは脳が休息している「レムってない」状態のことを指します。
以前はノンレム時は夢を見ていないと考えられていましたが、近年では「いや待て。ノンレムでも見てんじゃね?」と考える学者も増えており、現在でも研究が続いているんだとか。

このように、「夢のメカニズム」については未だに分かっていない部分も多いようです。

さとる
その昔、「ドリームハンター麗夢(レム)」ってエッチぃアニメがあってだな
いぬ
昭和のネタですね

「見たい夢を見る」方法

▲可愛いですねぇ(2回目

レム睡眠時、記憶の整理を行う際に見ているものが「夢」。

日常生活に密接した内容(学生なら学校生活、社会人なら仕事など)や、寝る直前に見ていたもの(TV番組や書籍など)の影響を受けるようなので、確実ではないものの「見たい夢を見られる」可能性は「ある」と言えます。

古今東西、「見たい夢を見る」方法として知られるのが、

  • 見たい夢の内容を紙に書いて枕の下に入れる
  • 行ってみたい場所や、夢の中で会いたい人の写真を枕の下に入れる
  • 寝る(意識を失う)直前まで見たい夢のことを考える

などの”おまじない的”な方法がポピュラーです。

見たい夢について何度も考えたり書いたりすることで、潜在意識の方に刷り込んでいくってことなんでしょうかね。

また、「良い夢」を見るためには睡眠環境を整えることも大切で、

  • アロマを焚く
  • 薄明りにする
  • 心地よい音楽をかける
  • 仰向けで眠る

などが挙げられます。
寝心地が悪いなどのストレスは「悪夢」を見る可能性に繋がるので、リラックスした状態で眠るようにしましょう。

さとる
寝る前にエッチなやつ見ればムフフってことか!!
よめ
アホか

しかし、こんな運任せの方法ではなく、「夢をコントロールするやり方」はないもんか、と思いますよね。


そんな夢のような方法があるんです。夢だけに。


それが、

明晰夢(めいせきむ)

と呼ばれるやり方です。

「明晰夢」とは?

▲明晰夢を極めれば、どんなことでも自由自在なんだとか

明晰夢とは文字通り「明晰な夢」であり、現実と変わらないくらいリアルに知覚できると言われ、夢の中で「これは夢だ」と認識することで、思った通りに夢の内容をコントロールできるというもの。

好きな場所に行ったり、物理法則を無視してみたり、意中の人を呼び出してあんなことやこんなことしたり・・・といったように、自分の好きなように出来てしまう「夢のような方法」なんです。

そう、夢だけにね。

やり方としては、

  • 手のひらを見るクセをつける
  • 二度寝を利用する
  • 夢日記を付ける

などの方法がよく見られます。
1つずつ見ていきましょう。

ぢっと手を見る

「手のひらを見るクセ」は、夢と現実では細部のディテールが異なるのを利用し、「これは夢の中だ」と気付きやすくするというもの。
ヒマさえあれば手のひらを見るクセを付けておけば、夢の中でもそのクセが現れるらしく、例えば現実の手のひらにはマジック等で印を書いておき、それが消えていたら夢の中だと分かる・・・といった感じ。

「手のひら」はあくまでもやり方の例なので、自分だけのやり方を作ってみるのもいいかもしれません。

二度寝する

「二度寝をする」は、寝起きのボーッとしている状態(半覚醒状態)を利用するもの。
これを使うと、通常1時間程度かかるノンレム睡眠のプロセスをすっとばし、すぐにレム睡眠へと入っていけます。

やり方としては、

タイマーをかけておいて起床

まどろんだ状態でしばらく起きている

もう一度眠る

という行動をすることで「明晰夢」を見やすい状態にするという感じです。
この際、「今から夢を見るぞ!」と自己暗示をかけると確率があがるんだとか。これはセルフ・マインドコントロールなので、自己暗示にかかりやすい人ほど成功率が上がるんじゃないかな?と思います。

夢日記をつける

「夢日記」とは、ベッドの近くにメモ帳を置いておき、起床後すぐに夢の内容を書きだす方法です。
「夢」は起床後しばらくすると忘れてしまうので、これを行うことで夢の内容を思い出しやすくなり、夢を夢だと自覚できる確率が上がるんだとか。

書き方としては、具体的に書いてもいいし、箇条書きでもOKみたいです。
スマホのメモ帳を利用するよりも、実際に自分で書き記す方が効果的なんだとか。

ただし、「夢日記」はやりすぎると頭がおかしくなるというウワサもあるので、精神的に不安定な時にやるのはオススメしません。

さとる
何事もやりすぎには気を付けましょう

「明晰夢」はオカルト的な内容だと思われがちですが出来る人も実際にたくさんいて、鍛錬次第で「誰でも出来る」と言われています。
しかし、「明晰夢」を何度も経験している人でも意図的に起こすことは非常に難しいそうで、見れたらラッキー程度に思っているほうが精神衛生上よろしいかと思います。

また、「明晰夢」はレム睡眠ではなく覚醒状態なので、まったく疲れが取れないんだとか。
あまり楽しみすぎると体がもたなくなると思われるので、そこんとこ気を付けましょうね。

スポンサーリンク

「見たい夢を見る方法」まとめ!

今回の記事をまとめると、

  • 睡眠にはレム睡眠(浅い眠り)とノンレム睡眠(深い眠り)があり、1サイクルは約90分。
  • 夢を見ているのは一般的にレム睡眠の時と言われ、脳はこの時記憶の整理や定着を行っている。
  • 狙った夢を見ることは、記憶に刷り込むように強くイメージすることで可能だと思われる。
  • 自分で夢の内容をコントロールできる「明晰夢」というやり方もある。

といった感じです。

人生の約3分の1は睡眠に費やすことになるので、より良い夢を楽しむのも人生を豊かにするかもしれません。身体の疲れを取りつつ、楽しい夢を見られるように工夫をすることは決してムダなことではないですね。

さとる
いい夢見ろよ!

というわけで今回はこの辺でおしまい!それではまたー!!

スポンサーリンク
おすすめの記事