おすすめ記事
映画『ロンドンゾンビ紀行』レビュー!元気なジジババvs.群がるゾンビ!勝つのはどっちだッ!?

はいどーも!さとるです。

今回は2012年公開の映画『ロンドンゾンビ紀行』のレビューです!
ゾンビ映画ながら、コメディということなので期待して観てしまったんだけど、

なかなか面白かったです!!

老人ホームに住んでいるヨボヨボのご老体たちが、銃をぶっ放したり、鈍器で殴ったりしながらゾンビを倒していくさまは痛快の一言。
序盤はストーリー的にちょっとダルい部分もあるんだけれど、90分足らずでサクッと観られるし、ゾンビが出てきたらどーでもよくなるので気にならないでしょう。

さとる
頭カラッポで観られる良作ゾンビ映画です
スポンサーリンク

武装した年金受給者たちがゾンビをなぎ倒す!!

作品情報

『ロンドンゾンビ紀行』

原題:”Cockneys vs Zombies”
監督:マティアス・ハーネー
出演:ハリー・トレッダウェイ、オナー・ブラックマン ほか
公開:2012年
上映時間:88分
オススメ度:★★★☆☆

あらすじ

▲ゾンビであふれ返る街を目撃するの図
画像引用:IMDb / Bishop Rock Films Limited

ロンドンに住むアンディとテリーの兄弟は、祖父が住む老人ホームの閉鎖を止めるため、資金を得るべく仲間たちと共に銀行強盗を決行する。
しかし、大金を得た後に銀行の外へと出てみると、地下墓地から蘇ったゾンビたちがロンドン中にあふれ返っていた!!

さとる的解説

▲年金受給者たちがゾンビをなぎ倒す!
画像引用:IMDb / Bishop Rock Films Limited

本作の主人公はアンディとテリーの兄弟ですが、彼らよりも強烈な存在感を放っているのが祖父役であるアラン・フォードでしょう。
このジジイは「なんで老人ホームなんかに入ってるんだ?」と思ってしまうほどにパワフルで、次々とゾンビたちをブッ倒していくのです。

演じた俳優さんはぼくの大好きな映画『スナッチ』(2001)にも出演しているんだけど、そちらでもめっちゃ怖いギャングのボス役として存在感がパねぇんですよね。

ちなみに、原題”Cockneys vs Zombies”の”Cockneys”とは、ロンドンのイーストエンド地区に住む労働者階級の人々を意味する言葉だそうで、タイトルを直訳すれば「(イーストエンド地区に住む)労働者階級vsゾンビ」といった感じになりますでしょうか。
長ったらしいですね。「ロンドンゾンビ紀行」とは、なかなか面白い邦題を考えたものです。

良かったところ

▲本作におけるミラ・ジョヴォヴィッチ的な女性
画像引用:IMDb / Bishop Rock Films Limited

「『ロンドンゾンビ紀行』?ハハッどーせB級映画だろ?w」と思っていた時期がぼくにもありました。

しかし、いざ観てみると案外スケールが大きく、ゾンビとの戦いもなかなか派手ですし、いい意味で

期待を裏切られました。

とにかくドンパチがイイですね。ゾンビが吹っ飛ぶ吹っ飛ぶ。痛快です。

弾がなければ鈍器でいいじゃない!と言わんばかりに、ハンマーでゾンビを撃退するおばあちゃんの活躍っぷりも最高でした。

悪かったところ

▲ゾンビさんもたくさん出て来ます
画像引用:IMDb / Bishop Rock Films Limited

本作の欠点は、とにかく序盤のテンポがよろしくない。これに尽きます。
ゾンビにやられるシーンから映画が始まるにも関わらず、それっきり20分くらいはお預け状態となります。

まぁ普通の映画ならば序盤はそんなモンですけれど、ゾンビ映画を観よう!なんて思ってる輩はですね、

早くゾンビが観たい

と思っているわけですから、ぶっちゃけストーリーなんてあってもなくてもいいわけです(暴言)。

おじいちゃんの住む老人ホームが閉鎖の危機にあり、2人の孫はそれをカネで解決しようと銀行強盗を企てるワケですが、この辺のくだりが少々長いかなぁと感じました。

地下墓地からゾンビが出てきて、街中に感染が広がる

たまたま祖父を訪ねて老人ホームにいた孫たちがゾンビと戦う

くらいに端折ってもいいんじゃねーかとさえ思います。
これで60分の映画になりますね。コスト削減です。

ストーリー部分をきちんと映像化しているワリには、「ゾンビに噛まれると感染してゾンビ化する」、「ゾンビはヘッドショット以外死なない」といったゾンビ映画のお約束事に関しては知っていて当然のように扱っているのがなんとも雑なところだったりします。

さとる
ゾンビ映画は楽しめればいいので、大した問題ではないんですけどね
スポンサーリンク

『ロンドンゾンビ紀行』の総評!

というわけで、今回は映画『ロンドンゾンビ紀行』のレビューでした!

ゾンビ映画とはいえ、コメディなので気楽に観られるので楽しめるかと思います。
ただし、結構グロいシーンもあるので、そういうの苦手な方はそのシーンだけ目を閉じましょう。

ドンパチも派手で良かったけど、個人的には予告編にもある

超低速ゾンビチェイス

がツボでした。
引きのショットがシュールすぎて最高でしたね。

さとる
歩行器おじいちゃんvsゾンビのバトルは壮絶です!!

というわけで今回はこの辺でおしまい!それではまたー!!

スポンサーリンク
おすすめの記事