おすすめ記事
家康も目撃した?妖怪「ぬっぺふほふ」が見ようによっては可愛いかも??

はいどーも!さとるです。

皆さんは「ぬっぺふほふ」と言う妖怪をご存じでしょうか。
「ゲゲゲの鬼太郎」や「妖怪ウォッチ」にも登場することから、わりと人気のある妖怪のようなのですが、

こいつ、なんか可愛いんです。

フツーならばビビッてしまう「妖怪」の類なんだけど、可愛いは正義って言うじゃないですか。
彼が人間に対し友好的であるならば、きっと仲良くなれると思うんですよね。

それに、映画『ゴースト・バスターズ』に出てくるマシュマロマン的な雰囲気もあるので、結構人気が出るんじゃないかと思うんですけどね。どうなんですかね。

さとる
見れば見るほど「ゆるキャラ」感があって可愛いんですけどね

というわけで、今回は妖怪「ぬっぺふほふ」について調べてみます!!

スポンサーリンク

彼が「肉の塊」と形容されることに親近感を覚える

「ぬっぺふほふ」とはどんな妖怪か

▲肉の塊こと「ぬっぺふほふ」さん
画像引用:wikipedia

「ぬっぺふほふ」もしくは「ぬっぺっぽう」と呼ばれるその妖怪は、古くは江戸時代に書かれた書物(1737年の『百怪図巻』など)に登場します。

その容姿は、「顔と身体の区別がない」ブヨブヨの肉の塊的なヤツだと言われています。
また、「目や耳がない」という特徴があるとする書物( 1781年の『新吾左出放題盲牛』)もあり、名前と併せて「のっぺらぼう」の仲間なのでは?とされています。

さとる
触り心地よさそうです

昭和以降の文献では「死肉から化け出た妖怪」であるとされ、ヤツが通ると腐った肉のニオイがすることから、

めっちゃ臭い💩

という設定が追加された模様です。
不憫ですね。かわいそうですね。

ちなみに、ヤツが潜んでいる場所は「廃寺(廃棄された仏教寺院)」であるとされました。
これは1776年に刊行された妖怪画集『画図百鬼夜行』に描かれた背景からの連想にすぎないとされていますが、「妖怪 from 死肉」という設定から見ても、寺に隣接する墓地に埋葬された死体が・・・と考えると、土葬の文化と何かしら関係があるようにも思えます。

さとる
ゾンビみたいだな

あの家康も見たってマジ?

▲『画図百鬼夜行』に描かれたぬっぺふほふさん。
確かに背景は廃寺のように見えます。
画像引用:wikipedia

1811年に書かれた「一宵話(ひとよはなし)」によれば、かの徳川家康も「ぬっぺふほふ」と思われる妖怪を目撃したんだとか。
このエピソードが収められているのは同書の二巻(巻之二)で、「肉人」というタイトルが付けられています。

それによると、徳川家康が駿府城(静岡県静岡市葵区)にいた1609年のとある日の朝、小さな子どものような形をした肉塊が庭に立っていたそうです。
どうしていいか分からず困っていた家臣たちは、家康の指示通り追い出すことにしました。

その話を聞いた薬学者は「そいつを捕まえて食べれば、多力になり武勇も大いに増す仙薬になったのになぁ!」と残念がったとされています。

しかし、家康は「そんなモンに頼るのは卑怯者のやることだぜ!」と言ったとかなんとか。
さすがは天下を取った男。格が違います。

さとる
ぼくなら頂きますけどね
いぬ
さすが凡人だワン
スポンサーリンク

妖怪「ぬっぺふほふ」のまとめ!

今回の記事をまとめてみると、

  • 「ぬっぺふほふ」という妖怪がいる
  • 顔と身体の区別がつかない肉の塊のような容姿
  • 目や口がないとも言われるので、「のっぺらぼう」の一種かも
  • 死肉から化け出た妖怪とされる
  • 臭い
  • 廃寺に潜む
  • 徳川家康も見たらしい
  • 食べればすげぇ力を得られるんだとか。オラわくわくすっぞ!!
さとる
ヒャッハー!肉人狩りに行こうぜぇ!!
いぬ
仲良くする気なんてないワンね・・・!

もし見かけた方がいらっしゃいましたら、ぜひご連絡ください!!

というわけで今回はこの辺でおしまい!それではまたー!!

スポンサーリンク
おすすめの記事