おすすめ記事
バイオハザードRE:3

はいどーも!さとるです。

今回は、2020年4月3日発売予定のPS4用ソフト『バイオハザード RE:3』の体験版をやってみたのでそのレビューとなります!

結論から言うと、

約束されし神ゲーです。

『バイオ』シリーズのファンはもちろん、旧『3』が好きな人も、前作『RE:2』にハマった人にもオススメできますねこれは!

あぁ発売が楽しみすぎる!!!

さとる
ぼくはもう予約済みです!!
スポンサーリンク

ジルさん、整形しましたよね?

▲旧『3』を思わせる、体験版のスタート画面。

『バイオハザード RE:3』は、1999年に発売された『バイオハザード3 ラストエスケープ』のリメイク版になります。

21年の時を経てついに復活ですねぇ!

『バイオハザード2』のリメイクだった前作『RE:2』がめちゃくちゃ良かったので、今回も発表の時点から楽しみにしていましたが、期待を超える完成度になっているようでワクワクが止まらねぇっす!!!

さとる
カプコンありがとうありがとう!
▲本作のジルさん。ずいぶんイメージが変わりました。

本作の主人公ジル・バレンタイン。
旧作からかなりイメ―ジが変わり、映画版の主人公を演じた女優ミラ・ジョヴォヴィッチを少し温和にしたような印象を受けます。
個人的には旧作のほうが好みですが・・・まぁ美人に変わりはないのでよしとしておきましょう。

また、旧作ではゾンビ相手に悩殺ミニスカで挑む彼女でしたが、本作ではパンツスタイルに変更となりました。

正直、残念です。

前作同様、クラシックスタイルはきっと課金アイテムで出すんですね。わかります。

さとる
それがお前らのやり方かァァァァァ!?

絶対買うので出してくださいお願いします。

▲カルロスはクッソイケメンになりましたな

「アンブレラ社」の私設部隊U.B.C.S隊員、カルロス・オリヴェイラ。

旧作は南米系の陽気でチャラい兄ちゃんって感じでしたが、本作はイケメンにアップグレードすると共に、少し影を感じさせるようなクールな雰囲気となりましたね。

さとる
フサフサの髪の毛がうらやましいです
▲ミハイルってもっと若かった気が

UBCSのD小隊隊長ミハイル・ヴィクトール。

旧作では30代後半くらいのイメージでしたが、だいぶ老齢のおじさんになりましたね。渋い。

▲ジルさんのお顔、ムービーとの落差は仕方ないところ

体験版は地下鉄構内から始まります。

UBCSに一時的に協力する形で、ジルは生存している市民を助けるために行動を開始します。

ジルさん、旧作に比べてかなりボインになってます。
巨乳というより、なんかパンパンに張っててちょっと怖いですね。

さとる
乳はデカけりゃいいってもんじゃないんです!
いぬ
さすが二次の乳が好きな二児の父!
こだわりが違うワン・・・!
▲地下鉄内にはおフザケのポスターが多数。

地下鉄構内にはスタッフの遊び心もいくつか見られます。

画像右のポスターは下部にDR.WILYと書かれているので、『ロックマン』みたいです。ちなみに、本作の宣伝ポスターも2つほどあります。

製品版では差し変わるでしょうし、体験版ならではのおフザケでしょうね!

▲『トップガン』のパロディポスターも。

こちらはトム・クルーズ主演の大ヒット作『トップガン』のパロディポスター。
まんまですねww

『1942』とは、かつてカプコンが制作したシューティングゲームのタイトル。
ぼくもファミコン版を遊んだことがあります。

▲地下鉄の出口付近。かなり雰囲気良いです。

前作『RE:2』同様、照明のないところはかなり暗く作られています。
雰囲気があって良いですねぇ!!

▲インベントリは前作『RE:2』とほぼ同じ(たぶん)。

アイテムのインベントリはこんな感じ。
初期の時点ではスロット数も少なく、取捨選択を考えなければならない場面も。

武器の選択は過去作同様に十字キーで行います。

▲ラクーン・シティに出ました。

地下鉄構内を抜け、ラクーン・シティに出ました。
この手の映画やゲームの主人公って、なぜ夜に行動することが多いんでしょうか?

▲向こうに何かがいる・・・!

通路を進むと、壁には不気味なシルエットがうごめいています。
古典的とはいえ、こういった演出がニクいですね!恐怖心をあおってきますw

▲ゾンビがたくさん出てきてジルさんピンチ!
しかし、目の前には赤いドラム缶が・・・

前作『RE:2』からゾンビがやたらタフになったので、囲まれるとかなり危険です。

しかし、本作の主人公は警察内特殊部隊隊員のジルさんです。
前作の新人警官&女子大生とは違い、前後にステップが出来るようになってます!!

旧作の「緊急回避」的に使えるかも?

さとる
デキる女は違うね
▲ドラム缶は撃つべし!

旧『バイオ3』でも不自然なくらい街中にあった、「赤いドラム缶」も健在です。
大量のゾンビを引き付けて撃ち、誘爆させましょう。

▲ゾンビさんのパターンも結構あります。

本作のゾンビもやはり手強いですね!ヘッドショットをキメてもなかなか倒れてくれないというw

グラフィック自体は前作と同じですかね??

▲旧作でもあった木箱。
なぜ木箱の中にハーブ等が入っているかは謎です。

旧作にもあった木箱ももちろん健在。ナイフで壊します。

▲アンブレラ社の大ヒット商品である「毛生え薬」らしい。
お姉ちゃんの絵が割と好みで困ります。

とある謎解きのヒントになるポスター。
前作同様に、謎解き要素がたくさんあるといいなぁ!

▲照明のない通路は本当に暗い

向こう側に見えるシルエットが不気味ですね。

▲ついに「追跡者」登場。

通路を抜けると、お待ちかねの「追跡者」とご対面です。

旧作「バイオ3」の象徴だった怪物で、ジルを執拗に追いかけてくる恐怖といったら!
本作ではどれくらい「追跡」してくるか楽しみです。

さとる
ビビりすぎて心臓止まるかもしんない
▲迎え撃つジルさん。カッコいい。

「追跡者」を迎え撃つジルさん。
旧作に比べてずいぶんイメージが変わりましたが、コレはコレで。

▲体験版は「追跡者」と対峙するまででした。

さぁここから「追跡者」とのバトルが!!というところで体験版はおしまい。

追跡者は旧作と比べて少しだけスリムになった印象でしたが、イメージ自体はそんなに変わってないかな?と思います。

ちなみに、体験版はスクリーンショット撮りながら進めても20分ほどで終了しました。

スポンサーリンク

「バイオRE:3体験版」のまとめ!

「バイオ」シリーズのファンならばマスト的な

神 ゲ ー で す。

「追跡者」と戦うのか!?というところで体験版が終わってしまったのは残念だけど、「安心して製品版を買えるなぁ」と思えるクオリティに仕上がってるのはさすがといったところです。

さとる
ああああ発売日が待ち遠しいいいいい!!!

ちなみに、前作『RE:2』の発売日前に出た体験版(1度きりのやつ)と違い、何度もプレイ可能&コレクション要素もあるので、発売日まではコレで楽しみましょう!!

というわけで今回はこの辺でおしまい!それではまたー!!
発売後もプレイ日記書く予定なのでシクヨロ!!

スポンサーリンク
おすすめの記事