おすすめ記事
『SPACE HAVEN』レビュー!話題の「宇宙船開発シム」を60分でどれくらい出来るかやってみた!!

はいどーも!さとるです。

先日Steamにて、『SPACE HAVEN』というシミュレーションゲームのアーリーアクセスが開始されたので早速購入してみました(日本語対応済み)。
簡単に言えば宇宙船を開発しつつ宇宙を探索していくゲームなんですが、今回はとりあえず1時間ほどプレイしてみたレビューということで、どんなゲームなのかを書いてみたいと思います。

結論から言うと、

めっちゃ面白いです。

  • シム系が好き
  • 2Dドット絵が好き
  • 宇宙が好き

これらに当てはまる方ならば買って損なし!と思いまする。

さとる
音楽と雰囲気も良好で、宇宙空間における孤独さも感じます

ということでレビュー行ってみよう!

スポンサーリンク

宇宙船作りつつ探索もして・・・ああ忙しい!

『SPACE HAVEN』ってどんなゲームなんや?

▲タイトル画面。オプションにて日本語も選択できます。

宇宙船を開発しつつ、乗組員たちのゴキゲンや資源などを管理し、宇宙を探索するシミュレーションゲーム・・・それが『SPACE HAVEN』。
いわゆる「シム系」と呼ばれるジャンルに属し、プレイヤーが出した指示に従って開発が進んでいく様子を眺めるゲームです。
かつて「シムシティ」にハマった人なんかにはオススメ。ぼくもそのクチなので、見てるだけで超楽しい。ドハマりしそうです。

しかし、次に何をするかを考える忙しさはあるものの画面を眺めているだけの時間も多いジャンルのゲームなので、そういったプレイスタイルに退屈さを感じてしまう人には不向きかなぁとも思います。

静かで、たまにかかる音楽がもたらす「宇宙での孤独感」の雰囲気も最高。
まだ開発段階にあるゲームのアーリーアクセス版なので、ユーザーたちのレスポンスを受けて今後どのように進化していくかが楽しみなゲームです。

▲めっちゃ軽いゲームです。
画像引用:Steamストアページ

『SPACE HAVEN』は要求スペックの低さもウリです。

ストレージも250MB程度ですし、非常に軽快に動作します。
現状ウィンドウモードしかないみたいなので、そこが少し残念ポイント。いずれフルスクリーン化するとは思いますが・・・
※ゲーム内「オプション」の項目にフルスクリーンモードありましたw

社会人にも優しい「60分プレイ」でどこまで出来るか?

▲乗組員はランダム生成で、名前と服の色だけが変更可能。

ゲームを開始すると、シナリオ、難易度、クルーを設定するところから始まります。

「シナリオ」は「基本プラットフォーム」を選択。
このシナリオでゲームの基本を学べ、とあるので、これがチュートリアル的なヤツかと思います。

「難易度」はとりあえず最も簡単な「ピースフル」に。
いきなり難しくして詰むのもアレなんで、まずはこれでお試しプレイしてみましょう。

「クルー」は初期の乗組員がランダム生成され、容姿は変更不可。名前と服の色だけが変えられます。
ぼくの場合はAstrid、Fynn、Gail、Laytonの4人でした。
名前にこだわりはないし、眺めているうちに愛着も沸くだろうことから、このままスタートします。

▲ゲーム開始!

ゲームを開始すると、小惑星帯のようなところから始まりました。背景はランダムかもですね。
ここにポツンと浮かぶ宇宙船を開発・拡張していくのが当面の目的のようです。

いきなり宇宙空間から始まるので「??」と戸惑ってしまいそうですが、データログによればCO2によって環境が激変し、人類は地球を追い出されてしまったようです。
この辺りの様子はまったく描かれてないけれど、正式版になる頃にはオープニングとして用意されるかもしれませんね。

▲乗組員たちが作業しているところを眺めるのが楽しいです

「工具施設」とやらがないと乗組員が作業できないようなので、まずはソレを作ってみます。
どこに置けばいいか分からなかったので、とりあえずはすみっこに置いてみました。

ゲーム操作はキーボード+マウスで行い、オブジェクトを設置する際は回転も出来ます。
左Altキーで宇宙船の壁の表示/非表示も出来ます。

▲次に何を作ればいいか指示してくれます

チュートリアル的なシナリオであるためか、次に何を作ればいいかのガイドが出ます。

設備を作るには資源が必要ですが、難易度「ピースフル」では資源も潤沢にあるので特に気にする必要はありません。

▲左右(?)に宇宙船を拡張開始

開始早々、宇宙船が手狭になってくるので拡張を開始します。
乗組員はポッドに乗って船外作業を始めますが、見ていて超楽しいです。

▲近くの小惑星に資源を採りに行く必要も

足らなくなった資源を採集しに小惑星へ。
宇宙船からポッドを派遣します。万能ですね。

▲廃棄された宇宙船を探索

My宇宙船のそばには廃棄された宇宙船が。

探索するため、乗組員1名をシャトルに乗せて向かわせます。
この宇宙船は人類のもののようですが、ゲームにはエイリアンとの遭遇もあるようなので、どんなヤツらと出会えるのか楽しみです。

▲乗組員を手動で操作して探索します

探索は手動で行います。
マウスの右クリックで位置を指示し、移動させます。

船内をくまなく探索すると、「サルベージ完了!」というメッセージとともに船内が明るく表示されるようになります。
その後は船を解体し、資源として活用できるようです。

▲ログが見つかることも

廃棄された宇宙船内にはデータログも。
この船に乗っていた人たちがどんな人たちだったのか、それを知る手がかりになることでしょう。

▲この手のゲームは区画整理のセンスが問われます

約1時間程度プレイしてみて、出来たのはこんな感じ。

左上に食料栽培のやつ、右下に乗組員の居住エリアを作成しています。
発電機は音が出て乗組員の不快につながるようなので、壁で囲みたいところだけど船内が狭いので壁が設置できず・・・といったように、あれこれ考えながら拡張していくのが楽しいです。

ヤベェ、これやり始めたら止まらんヤツだ。

スポンサーリンク

『SPACE HAVEN』60分やってみた感想

思ってた以上に面白かったです。

60分プレイではまだまだ序盤ですが、とりあえずやれることは大体触った感じでしょうか?
エイリアンとの遭遇や交戦する事態もあるようなのでそれは楽しみにしておきたいところ。
指示を出したら放置して眺めることが出来るし、ゲーム内スピードも調整できるので、夜にお酒でも楽しみながらのんびりプレイできるかと思います。

忙しい社会人にこそゆっくりと宇宙探索を楽しんでもらいたいけど、時間泥棒系のゲームでもあるので寝不足になるリスクは覚悟しておきましょう!

さとる
ぼくはしばらくハマりそうです

というわけで今回はこの辺でおしまい!
チュートリアルを終え、新しくプレイを始めたらプレイ日記でも書いてみたいですねぇ!

それではまた!

※5時間ほどプレイした感想追記。
慢性的な資源不足に悩まされるようになり、色々な惑星に移動を繰り返していたら海賊に襲われてしまいました;;
なかなか難しい・・・!

スポンサーリンク
おすすめの記事