おすすめ記事
「イルミナティ」って存在すんの?世界を支配してるとかマジパネェんですけど!

はいどーも!さとるです。

今回は数ある秘密結社の中でも、最も「世界をウラで支配してる」的なウワサの絶えない

イルミナティ

です!!

満を持しての登場なのでありますッッ!

というわりには、内容薄めでお送りするのが「さとりずむ」クオリティ。

さとる
脳みそゆるゆるですからね。仕方ないですね

※調べれば調べるほど広がっていくタイプのめんどくさいネタなので、この記事ではさらっと概要だけ書いております。

スポンサーリンク

「世界を支配する」とか中二感パネェよね

歴史的に見る「イルミナティ」

アダム・ヴァイスハウプト
▲アダム・ヴァイスハウプト(1748-1830)
画像引用:wikipedia

1776年、神聖ローマ帝国を構成する領邦だったバイエルン(現在のドイツ、バイエルン州)にて、大学教授を務めていたアダム・ヴァイスハウプトによって結成されたのが「イルミナティ」(illuminati=ラテン語で「光を与えるもの」)です。

この言葉は「この世の悪の根源」たる悪魔ルシファー(サタン)に由来するものとされ、彼らが悪魔崇拝者(サタニスト)であったことを意味しているんだとか。

イルミナティは各界のトップ層の人々がメンバーとなっていき、最終的に2000人ほどの規模になっていきました。
しかし、反キリスト教の思想を持っていたために危険視され、わずか9年で解散に追い込まれたとされています。

歴史的に見ると、表向きには18世紀に消滅した「イルミナティ」。
しかし、その後も現代に至るまでこっそりと活動を続け、世界を牛耳るまでになった・・・とするのがオカルト的な見解です。

さとる
そーゆー展開の方がアツいよね

歴史から消えた後の「イルミナティ」

プロビデンスの目
▲1ドル札に描かれる、万物を見通す「プロビデンスの目」。
フリーメイソンのシンボルとして用いられるマーク。
画像引用:wikipedia

弾圧を逃れた彼らが潜んだ先とされるのが、同じく秘密結社であり、世界最大の友愛団体として知られる「フリーメイソン」です。

元々イルミナティのメンバーにはフリーメイソンが多かったと言われており、創設者のヴァイスハウプト自身も1777年にフリーメイソンに入会していました。
そして、メイソンの最高位に達したヴァイスハウプトは、フリーメイソン内にて「イルミナティ」を再結成した、とされています。

1798年、スコットランドのフリーメイソン最高指導者ジョン・ロビンソンはヴァイスハウプトの企てに気付いていたようで、「メイソン内にサタニストがいる」として警戒を呼び掛けていたようです。

さとる
木を隠すなら森の中ってヤツだな

「イルミナティ」の目的ってなんだ?

フランス人権宣言
▲1789年の「フランス人権宣言」。
右側の天使が示す先には「プロビデンスの目」があり、イルミナティがフランス革命に関与した証拠とされています(ほんまかいな)
画像引用:wikipedia

イルミナティの目的は、めっちゃ頭の良い人たちによって世界を支配する

「世界統一政府を作ること」

です。

創設者のヴァイスハウプトが出版した、『Novus Ordo Seclorum(ノヴス・オルド・セクロールム、ラテン語で「新しい世界の秩序」を意味する)』という本の中には、以下のようなことが書かれていたと言われています。

  • すべての政府の根絶、およびイルミナティによる世界政府の樹立
  • 私有財産と遺産相続の撤廃
  • 愛国心と民族意識の根絶
  • 家族制度と結婚制度の撤廃、子どものコミューン教育の実現
  • すべての宗教の撤廃
さとる
どっかで見たことあるような内容だな?
いぬ
「共産主義」の原型となったものらしいワン

また、イルミナティによる基本的な戦略は、

  • 政治的、社会的、経済的、その他の問題において相互にいがみ合う陣営に分断せよ
  • 対立する陣営に武器を与え、互いに戦わせ、弱らせ、徐々に自滅へと向かわせよ
  • 政府の高い役職に就いている人々に金銭的、性的な賄賂を利用し支配せよ

上記3つだと言われています。

怖いですね。恐ろしいですね。

さとる
やべぇハニートラップに気を付けなきゃ
いぬ
さとるは普段モテないからイチコロだワンね

「イルミナティ」の背後にあるものは?

ヤコブ・フランク
▲ヤコブ・フランク(1726~1791年)
画像引用:wikipedia

彼らの目的が「世界統一政府を置くこと」であるにせよ、「なぜ一介の大学教授が、そんな大それたことをしようと思ったのか?」ということ疑問になってきます。

そこで登場するのが、イルミナティの共同設立者として名を連ねる

ヤコブ・フランク

という男の存在です。

ユダヤ教徒である彼は、ユダヤ教における「救世主思想」について、

「この世を人為的に悪や不幸で満たし、破壊し尽くし、メシアを到来させる」

という考えを持っていました。
メシアは「飯屋」ではありません。救世主のことです。

つまり、「救世主は世界がヤベーときになると現れるって言うんだから、俺たちの手でその状態を作り出そうぜ!」ということ。

この危険な終末思想の賛同者のことを「フランキスト(フランク主義)」と呼び、その信者の中には

マイヤー・アムシェル・ロスチャイルド

がおりました。

あの大富豪 of 大富豪、スーパーウルトラ超絶金持ちのロスチャイルド家のおぼっちゃんです。

ヴァイスハウプトはロスチャイルドから資金提供を受けてイルミナティを設立したと言われており、なるほど、これならばカネにモノを言わせて各界から優秀なメンバーを集められるのも理解できるというものですね。

そして、現代に至るまでイルミナティが存続していて、ロスチャイルド家との関係も続いているとするならば・・・世界中にある陰謀論は、彼らの手によって引き起こされているのかもしれません。

さとる
まぁその割には2世紀もの間、終末らしいものは来ていませんけどね
スポンサーリンク

「イルミナティ」のまとめ!

今回の記事をまとめると、

  • イルミナティが結成されたのは1776年のこと
  • 創立者は大学教授であるアダム・ヴァイスハウプト
  • 共同設立者にヤコブ・フランクというヤベー思想のやつがいる
  • ヤコブの支持者にロスチャイルド家の人間
  • 危険思想ゆえ、10年足らずで解散に追い込まれる
  • アダムはフリーメイソンに逃げ、内部で密かにイルミナティを再結成する
  • 現代に至るまでイルミナティは存続し、世界中の陰謀を陰で操ってるかも・・・?

といった感じです。

さすがは「陰謀論」のトップに君臨するであろう、イルミナティですね。
調べていくとキリがない&どんどん長くなっていくので、違うネタは別の記事にて執筆しようかと思っています!!

さとる
気長に待ってちょーだい

というわけで今回はこの辺でおしまい!それではまたー!!

スポンサーリンク
おすすめの記事